« 電動アシスト自転車はなぜ楽じゃないのか | メイン | Panasonic ラスティック »

めくるめく電チャリの世界、上り坂で楽するコツ

前のエントリーで電動アシスト自転車は楽じゃないというお話をしました。今回は楽する秘訣について書きたいと思います。

電動アシスト自転車が24km/h以上でアシストされなくなるのは、たしか道交法で原動機付き自転車との区別をするためだったと思います。常にアシストが脚力と同じだけ働くとなると、40km/hを出すことが可能な人は80km/h出せることになり(空気抵抗、路面抵抗は考えなければ)とても危険です。あくまで自転車という区分に残るためには、何らかの制限が必要だったということです。

ではアシストが一番効く速度は何キロかご存知ですか?そう、その速度で走ることが一番楽する秘訣です。

電動アシスト自転車のモーターは自転車の高速走行を実現するものではありません。そのため、自転車の速度が上がるにつれて補助率は減衰します。15km/hまでは補助率1でアシストを行い、それより速くなると補助率は徐々に減衰し、24km/hで補助率0となるよう規定されています。

最大補助率が2に引き上げられた新基準では、10km/hまでは補助率2でアシスト、それより速くなると補助率は徐々に減衰し、24km/hで補助率0となる規定となりました。

この特性から、10km/hから15km/hの速度で坂道を登るのが、一番楽する方法だということがわかります。

ただ、これも乗ってみるとわかることですが、10km/h は自転車ではかなり遅く感じる速度であり、目的地への移動手段として自転車に乗っているとすれば、目的地への到着時間も遅くなってしまいます。

そのことから、補助率1よりアシストが少なくなる15km/hを維持するのが、快適性と速度のバランスがいいでしょう。ちなみに僕は脚力も付いてきたので、ゆるい上り坂では17km/h~20km/h で走っています。ご参考に。